USER VOICE ユーザーの声 USER VOICE ユーザーの声

東レのユニフォームを
実際に導入いただいている
お客様の声を紹介します。

NEW UNIFORM STORY 三井不動産株式会社

三井不動産株式会社
街づくりを通して新たな価値を創造する国内最大手の不動産事業会社。グループ会社の三井不動産ビルマネジメントはオフィスビルにおけるプロパティマネジメント業務、三井不動産ファシリティーズは設備や清掃などの施設管理業務を行っている。

素材とデザインの総合提案により、
多様な顧客ニーズを形に

オフィスビルにおけるトータルマネジメントや、建物の清掃・保守管理と警備の請負事業など、グループで街づくりに関する事業を幅広く展開する三井不動産株式会社。今回は、東レのユニフォーム導入の背景と理由、決め手と効果についてお話を伺いました。

ビルディング本部運営企画部  企画グループ主事 牛村涼子さん ご担当:ビルディング本部運営企画部
企画グループ主事 牛村涼子さん
きっかけは
「ビル運営管理の見える化」
プロジェクト
三井不動産グループでは、ビルの運営管理をより身近なものとし、オフィスビルで働く方や来館者に安心・安全・快適さを感じてもらうために「ビル運営管理の見える化」を推進しています。そのため、実際にお客様と接するスタッフのユニフォームの重要性は日々高まっていました。
また、従来は三井不動産ビルマネジメント、三井不動産ファシリティーズの設備および清掃スタッフ、有事の際の三井不動産運営管理担当者が着用するユニフォームのデザインが異なっていたために、同じグループ会社にも関わらず一体感が出にくいという課題もありました。
そこで、清潔感や頼もしさ、誠実さなどをイメージさせ、かつ、グループの一体感も生み出せる統一ユニフォームをつくろうというプロジェクトが立ち上がりました。
環境への想いもユニフォームに反映したい
環境への想いも
ユニフォームに反映したい
新ユニフォーム導入にあたって重視したもう一つのポイントが、環境への配慮でした。
三井不動産グループでは、ロゴの「&マーク」に象徴される理念(「共存・共栄」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」)のもと、グループビジョンに「&EARTH」を掲げ、さまざまな環境保全活動を展開しています。その理念やビジョンを体現し、スタッフに浸透させるきっかけになるようなユニフォームが必要でした。
素材だけでなくデザインでも
ニーズに応えた東レの提案
私たちの想いを形にしてくれたのが、東レさんのご提案でした。
まず、ユニフォームに使用する素材について、植物由来の再生資源を粗原料とする部分植物由来ポリスエステル繊維「エコディア®PET」というエコ素材をご提案いただき、ビル運営管理分野として初採用の素材という点に当社のパイオニア精神もくすぐられました。
また、デザインについては、袖口や胸元に三井の「三」にちなんだトリプルラインをあしらっていただき、ラインの色はグループカラーの「赤」と「青」、環境への取り組みを表す「緑」を採用していただきました。色合いやデザインに統一感が出たことで、現場の一体感を高め、組織力や環境への想いを対外的にアピールできるものになったと思います。
東レさんといえば、素材の会社というイメージでしたが、デザインでも素晴らしいご提案をいただき、大変満足しています。 素材だけでなくデザインでもニーズに応えた東レの提案
表に出ない裏方から、ユーザーに安心・快適を感じていただく存在へ
お客様に
安心・安全・快適さを
感じていただく存在へ
実際に現場で着用しているスタッフの評判も良く、リニューアルした際にはお客様からも「素敵ですね」「見違えました」など声をかけられることもあったと聞いています。スタッフが「見られている」ことを自覚し、しっかりと働いている姿をお客様に見ていただくことが安心や信頼感の醸成につながるとともに、スタッフ自身の向上心や業務の質を高め、ビル運営管理のより一層のクオリティアップにつながっていると感じています。
リニューアルしたユニフォームを着用することでスタッフ一人一人が仕事に誇りを持って生き生きと業務に取り組み、ビル運営管理のクオリティがより一層向上すること、さらにはビル運営管理のイメージアップにつながり、各社のリクルーティングにも寄与することも期待しています。

POINT

東レのエコロジー素材「ecodear®PET」
東レのecodear®PETは、石油由来100%のポリエステルと基本的な品質・性能は同等に、原料の30%を占めるエチレングリコールを植物由来に変えた植物由来PET(ポリエステル)です。
植物由来PET製品は、焼却しても大気中のCO2濃度を増やしません。脱石油社会への貢献はもちろん、高い安全性や機能性も兼ね備えた植物由来PET製品は、「再生可能資源」として活用が求められています。 >>環境への配慮についてもっと知る
What is the Plant-based PET?/石油由来PET/部分植物由来PET/100%植物由来PET