制菌 制菌衛生管理が求められる環境で役立つ制菌性

MAKSPEC® マックスペック®

素材区分
制菌加工織編物
使用用途
病院白衣、食品白衣、介護ウェアなど
MAKSPEC® マックスペック
製品について
マックスペック®は、繊維上の黄色ブドウ球菌(MSSA)、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、肺炎桿菌、緑膿菌、大腸菌に対する制菌効果を発揮するテキスタイルです。SEK基準に対応しています。
おすすめポイント
病院ユニフォームや食品白衣に必要とされるSEKマーク対応です。豊富な採用実績が自慢です。
特長
・制菌性(SEK基準対応) ・洗濯耐久性(家庭洗濯、工業洗濯)
特長を見る 詳しく見る

特長

MRSAをはじめ、いま、さまざまな職場で、毒性の強い細菌が話題になっています。
まず、“衛生的”であること。それが医療の現場やヘルスケア、食品業界で求められる対策の最も重要なことではないでしょうか。ユニフォームをはじめ、各種介護衣料や寝装資材などに優れた制菌効果を発揮する、東レの制菌素材「マックスペック®」が清潔で安心な職場づくりをサポートいたします。

  • 制菌性
  • ・いろいろな菌に効く商品の開発に成功。
  • ・繊維上の黄色ブドウ球菌(MSSA)、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
    (MRSA)、肺炎桿菌、緑膿菌、大腸菌について、SEK基準をクリアーする優れた制菌効果を発揮します。
  • 安全性
  • ・SEK基準をクリアーしています。
  • 耐久性
  • ・優れた耐工業洗濯性を発揮。
  • ・工業洗濯は50回以上でもOK。
“マックスペック®”は制菌成分が繊維の内部へ拡散しています。